データ投影型の地球儀

気象局へ行きました.
地震監視システム等のお話を聞き,最後にこれを見学.

NOAA(アメリカ海洋大気庁)が開発した科学地球儀
Science On a Sphere です.
大きさは直径1.7m,4か所のプロジェクターを用いて照射され
海洋等に関するデータを映します.

























NOAAのScience On a Sphereに関するページ
http://sos.noaa.gov/What_is_SOS/index.html



いくつかの地震データを見せて頂きました.
いつも見ている津波シュミレーションでは見る事はない
大陸棚に到着した時の波高の様子が解りました.

大陸棚に到着した時の波高は,高波と変わりない
高波と津波の違いを証明するのは難しいです