中央山脈フィールド(戻りました)

中部を横断する道路「中横公路」に行ってきました。


中横公路は、全長190.83キロ。
台湾の中央山脈の中央部を東西に横断する道路です。

中間辺りの梨山で、西中横公路、東中横公路、
宜蘭へ向かう側線の三つの道路が有り、
西中横公路の合歓山武嶺では
公路中最高海抜地点が標高3,275mです。























フィールド地点は、西中横公路の最高標高点は2,565m大禹嶺
要所要所でサンプリングします。



太魯閣渓谷の終盤の天祥を過ぎると、
東西分岐地点までは商店はないので太魯閣入り口の
セブンイレブンで買い出しを、宿泊は中横公路途中の「」でした。





廟に居た犬達には歓迎され





















鶏には睨まれた

























廟では、夜の気温が0度に近くなるのに、暖が無く、寒かった。
床にごろ寝だったので寝がえりをする度に起きてしまいました。




昼食


寒かったけれど、景色が素晴らしく、また来たいと思った。

2,565m大禹嶺附近、雲海を望む








































中横公路は東端は花蓮県太魯閣、西端は台中市東勢で、台湾中央山脈の中央部を東西に横断する自動車道です。


標高3,275mの武嶺は台湾の自動車道としては最も高い海抜にあり、ここから合歓山の山々

全長190.83キロ、最高標高点は2,565メートル(大禹嶺)、