北海道へ巡検に行っていました

釧路,根室,十勝,鵡川,森,伊達,,,海岸沿いばかり.


雨の日よりも晴が多く,雨で観光に転ずる事も無かったです(T_T)

とにかく,寒かったです.
ゴアテックスの上着の下にフリース,
フィールド用のズボンの上に,赤色合羽を履いています.



写真は,
幕末,榎本武揚率いる艦隊が上陸した鷲の木海岸,
掴んでいる柱が記念碑です.

(この海岸に打ち上げられた昆布を食べたらほんと美味しくて
移動中に食べようと車に持ち込んだら,車中,海くさくて不評だった)


後ろは成層火山の北海道駒ヶ岳.


この北海道駒ヶ岳から噴出した駒ヶ岳gテフラは,道南から道東に広く分布する
広域テフラで,巡検中何度も見ました.大規模な噴火が有ったんですね.

このテフラの岩石学的特徴は(先生のお話より)
スポンジ状火山ガラス,斜長石,斜方輝石,単斜輝石,を含む,
脱水ガラス屈折率がn=1.500-1.505,

と,言われても,よく解りません.顕微鏡で見ないと実感出来ない
テフラにスポンジ状とか有ったんですね
指標としか見ていなかったので,成分的な事は気にしていませんでした


十勝平野南部の泥炭地から採取した種子から得た14C年代によると,
5,770±40及び5,760±40yrsBP
補正をして,6,500~6,600calyrsBPぐらいかな


いつものごとく,
調査や巡検に観光という概念は鳥渡も無いですが,
今回は北海道大学をじっくりと見学出来て良かったです