五金行さんと金針花写真追加

五金行,
日本語で言えば金物屋さんです.

漢字の意味からは,金・銀・銅・鉄・錫の5種類の
金属を扱う金物屋さんです.

調査中は必ずお世話になります.

台湾人と話すときは「五金行(wu3jin1hang2)」
M先生達と私の間で話す時は「五金屋,ごきん屋さん」
習慣になってしまい,M先生は日本でも「五金屋」と
言ってしまうようです.



M先生が写真を撮っていました.

雑多な感じ,私がどこに居るのかも解らない状態です.






















天井にぶら下がる「ビニル配管」「やかん」もかわいいと言えばかわいいかな
修士を卒業したばかりのヨンラン君の
金針花の写真です.

「複数枚の写真を重ねて1枚にする撮影方法」と言っていたので
多重露光ってことかなぁ,きれいですね.
































金針花の見ごろは8月中頃から一か月ぐらい
玉里郷の他,南の太麻里でも見る事が出来ます.