首と肩が猛烈に痛くて中医へ(東洋医学)

「3年振りですね」と受付に方に言われ,
「太りましたね」と女医さんに言われました.

脈からの診断で,
「灸とカッピングとカッサが必要」と言われました.
(初めての体験)

私が行った医院はこれ等の診療は保険外診療で,
処置費用合計1200元(約4600円)と,
保険診療150元ぷらす薬代40元でした.
(鍼灸が保険内も医院も有ります)


お灸は,お臍灸から始まります.(下の方に写真を)
20分経過後,鍼が始まりました(え,聞いてなかったよ)

今まで3箇所の医院で女医さんに鍼をして頂きましたが,
この先生が一番上手です.
世間話をしながらも,シュッシュッと身体に針を刺します.
全く痛くないのですが,何十本にひとつ,毛根に当ったのか
いたっ,と思うぐらいです.

その15分後,お灸(灸頭鍼)が始まりました.
鍼の分部がお灸箇所です.

お臍灸もお灸中も,ぬるめのお湯に浸かっているような気分です.
ただ,臍の上のお灸が倒れないかが心配でした.
(気にしないで寝ちゃってもいいのに,と言われたけれど)

お臍灸から終わりまで約50分.
営業時間の関係でちょこっと短縮されたけれど(台湾らしい言い訳)
普段は1時間以上はかかると言われました.



そして場所を変えて,カッピングへ.
ガラス製のカップを背中に貼り付け,吸出しポンプで真空にします.
真空状態になった後の皮膚が引っ張られる感じがとっても
気持ちいい!
週に一度はやってもらいたい.

15分ぐらい経過したら,外してもらいカッサへ

滑りをよくする為にクリームを背中に塗り,水牛のカッサ板?で,
リンパの流れに沿って強めになぞっている感じです.

カッピングが気持ちよかったので,カッサは無くっても
いいんじゃないかと思った.



お臍灸
「よもぎのもぐさ棒」





























これまでもぎっくり腰で東洋医学に通った事があり,
ほぼ鍼で治ったのでこれで完治すると期待をしていました.

治療後の2日間は「不調あったっけ?」と思うぐらい何とも
感じず,平気~と威張れるほど.

なのに,治療後3日目に肩に激痛を感じ,結局西洋医学にも行きました.

東洋医学の医師は,
普段のメンテナンスや不調だと感じるぐらいは中医でいいと思うけれど,
ここまで筋肉が炎症を起こしているのなら,東洋医学ですよ.
と言われました.



中医の先生は,
美魔女医師と言われているそうです.
http://wumingchu.myweb.hinet.net/